HOME>特集>日常生活で活用できる歯を取り戻すことができる

アドバイスなどを受ける患者が増えている

診療室

歯を失った時に治療として今までは入れ歯やブリッジが多かったですが、昨今第3の治療法としてインプラントが注目されています。どのような治療方法なのか、足立区の歯科医院でアドバイスを聞いている人も少なくありません。

人工歯を埋め込み治療する

治療器具

足立区の歯科医院でも多く見かけるようになったインプラントは、人工歯を支えるために金属製の材料や部品を体に入れていきます。歯科医院では歯を失ってしまった顎骨へ、体に馴染ませていく治療を行っていきます。生体材料で製造された歯根を一部や全部を埋め込んでいきますが、これを土台にして人工歯を取り付けていきます。材料はセラミックなどで作られており、体に負担をかけないように作られています。

人気が高い理由

インプラント

足立区の歯科医院でも治療が行われているインプラントの人気が高い理由として人工歯をしっかりと埋め込んでいくので、インプラントは自然な歯と同じくらいの強度を保っていくことができます。手術が必要ですが顎骨に金属を埋め込んでいきながら支柱を作っていくので、歯の強度を増していきます。ブリッジや入れ歯と異なり残った歯に対しても負担が低いだけでなく、審美性や利便性も高まります。日常生活においても全く支障が無くなるので、快適に生活を送ることができます。

残存率が非常に高い

歯科治療

インプラントは足立区の歯科医院でも対応していますが、残存率が非常に高いので選んでいる人が多いです。一定期間でインプラントが残っている期間を見ていくと、ほぼ100パーセント治療を行ってから残存させることができます。金属などの素材によって差が大きく異なってしまうので、カウンセリングなどを行いながら判断するようにしましょう。

広告募集中