インプラント

自由診療は全額自己負担

足立区に限らずインプラント治療は自由診療のため、かかる費用は全額自己負担となります。また、自由診療は医療機関が独自に料金を決めることができるため、かかる歯科医院によって費用はマチマチであることも覚えておきましょう。一概に言えませんが、首都圏はどうしても料金が高めになる傾向があるのは否めません。ただ技術力の高い歯科医師が多いですし、最新の設備が整っているところが多いので、安心して治療を受けられる環境が魅力です。

気になる料金の内訳は

インプラント治療にはさまざまな工程があります。足立区の歯科医院ごとに設定が異なる場合もありますが、おおむね必要となる項目について内訳を解説しましょう。まず、インプラント治療は手術を必要としますので、事前に精密検査が必要となります。この受診料がおおむね15,000~50,000円程度になりますが、ここですでに開きが出ていることにお気づきでしょう。そして外科手術代が約100,000~400,000円、人工歯の代金が約100,000~150,000円となります。メンテナンスも合わせると相場は1本300,000〜500,000円となり、本数が多くなればそれだけ割増しになると考えればいいでしょう。

歯の強さを取り戻せる最新治療

足立区の歯科医院には、近年インプラント治療を求める患者さんがたくさん増えています。なぜそこまで注目されているかというと、やはりほかの治療法より優れた点が多いからでしょう。歯を失った際の対処法はいくつかありますが、天然の歯に匹敵する強さを実現する治療法はインプラントを置いてほかにはありません。普段は気づいていませんが健康な歯は非常に強く、かなり硬い食べ物でもかみ砕いてしまいます。これは歯の土台がとても強いからですが、入れ歯やブリッジではこの土台の強さを実現することができません。歯根の機能を取り戻すことができるのは、インプラントだけなのです。

嚙めることは人生を楽しめること

しっかり噛める歯を持っていると、顔に張り巡らされた表情筋が鍛えられ、顔に張りが出て表情が明るくなります。実はしっかり嚙んで食事をしている高齢者の方は、とても顔が若々しく、肌つやのよい人が非常に多いです。天然の歯がたくさん残っているのが何より一番ですが、もし欠けてしまったとしても、最新の医療を活用すればマイナスにはなりません。よく嚙めない歯では表情が暗くなり、あまり話しもしなくなったり笑顔も出なくなったりしがちです。噛む力は生きる力であり、人生を楽しく過ごす力にもなることを忘れてはいけません。何らかの理由で天然の歯を失ってしまったとしても、同じようにしっかり噛めるインプラントを活用すれば、表情はさらに生き生きして見た目も美しく過ごすことができるのです。人前でも自信をもって笑えると、気持ちも明るく前向きになれますし、社交性も生まれるでしょう。足立区でインプラント治療が注目を集めているのも、こうした事実を知れば至極当然です。治療に興味があってもなかなか踏み出せないなら、勇気をもってまずは相談してみてはいかがでしょうか。

広告募集中